自動車の購入を検討中。新型CX-5 と エクストレイルを比較してみた(ガソリン車)。

2017.03.13 23:05

CX-5 と エクストレイルを比較

ノマドです。

3月の決算時期ということもあり自動車の購入を検討しています。

あまりクルマに詳しくないので見た目から選んだのが以下の2車種。

  • マツダ 新型CX-5
  • ニッサン エクストレイル

昨今はいろいろなグレードがある為、上記の2車種の中でさらにハイブリッドやディーゼル、排気量などのスペックで値段が変わってきます。そこで、それぞれのディーラーの営業さんに相談し、私の用途にあったグレードを絞り込んでもらいました。


グレードの絞り込み。

私の場合、不定期な取材を除くと片道10分以内の市街地での用途が多い為、構造上の理由で20分以上の運転が望ましいディーゼルと、時速60km以上で走ると燃費が良くなるハイブリッドは向いていないということで、CX-5、エクストレイル共にガソリン車という選択になりました。もちろん4WDも不要です。シートは2列でエンジンは、2000cc という必要最低限の選択肢となりました。

CX-5 の 2000cc のガソリン車は、2タイプ。エクストレイルの 2000cc のガソリン車は、3タイプ存在します。オプションなどを付けない場合の本体価格は、以下となります。

マツダ新型CX-5のガソリン車(年式:2017年2月)
車種 グレード 税込価格
CX-5 20S 2,462,400円
CX-5 20S PA 2,689,200円
ニッサン エクストレイルのガソリン車(年式:2015年12月)
車種 グレード 税込価格
エクストレイル 20S 2,238,840円
エクストレイル 20X 2,412,720円
エクストレイル 20Xtt 2,900,880円

グレードの比較対象については、後発である新型 CX-5 の基本スペックが高いのでそれを軸に決めたいと思います。私の目に付いたところで以下のようのものが CX-5 の最も安い 20S でもデフォルトで実装されています。

  • インテリジェントキー
  • LEDヘッドライト
  • アルミホイール
  • レザーハンドル
  • などなど

これらは、エクストレイルの中間に位置するグレード 20X 相当と感じます。そして、新型 CX-5 の 上位グレード、PA(ProActive:プロアクティブ) では、クルーズコントロール(追従走行)や車線逸脱警報などの最新の安全機能が付いていて、これはエクストレイルの最上位 20Xtt 相当と感じます。

以上のことから比較対象のグレードとしては、以下となります。

下位グレードでの比較

車種 グレード 税込価格
CX-5 20S 2,462,400円
エクストレイル 20X 2,412,720円

上位グレードでの比較

車種 グレード 税込価格
CX-5 20S PA 2,689,200円
エクストレイル 20Xtt 2,900,880円

細かいところでいろいろと差はあるかと思いますが私の個人的な観点から比較するとこのような比べ方になります。

下位グレードでの価格差は、ほとんどないのですが安全性を高めた上位グレードでは、CX-5のコストパフォーマンスが目立ちました。


実車を試乗してみての感想

以下は、私が試乗をしてみた結果、新型 CX-5 と エクストレイルについて感じたことです。

  • CX-5の方が走りが滑らか。振動が少ない。静粛性が高い。好みもあると思うがエクストレイルは、硬い気がした。道路の凹凸が素直に伝わってくるが CX-5 は、その辺りがケアされているように感じた。
  • CX-5の方が運転席からの視界が広く感じた。エクストレイルの右左折時の視認性が悪かった様に感じる。Aピラーが気になるのかもしれない。
  • CX-5のアクセルペダルがオルガン式なのも良かった。跳ね返りが無い分疲れにくいのと、少し外側にある為、足元がスッキリとした印象になる。
  • CX-5 の後部座席は、リクライニングが多少できる。エクストレイルは、後部座席のリクライニングが無い。ちょっとの差だけどある方が嬉しい。以前のCX-5には、このリクライニングが無く残念という声が一定数あったのでそれの改善と思われる。エクストレイルユーザーもリクライニングが無いのが残念という声がちらほら聞こえる。
  • CX-5 の後部座席のドリンクホルダー部分に USB端子がある。これもエクストレイルには、存在しない。無いよりはあった方がいい。
  • それぞれのディーラーで疲れにくいクルマですと言われましたが CX-5 の方がより疲れにくいのかなと感じました。
  • エクストレイルの防水シートはかなり嬉しい。個人的には高級感のあるシートよりガンガン洗える方が好み。
  • CX-5は、ナビの取り付けが専用SDカード(48,600円)だけで済むのが嬉しい。ナビを付けるとTVなども付いてくるパターンが多いのですが個人的にはTVとかCD、DVDなどは不要。Bluetooth があればスマホと接続できるのでそれで十分。エクストレイルで純正ナビを付けると安いものでも14万円します。エクストレイルのオプションで10万円の値引きです!と言われてもナビだけでこの差が無くなってしまう。さらに後から取り付ける場合には、工賃もかかってしまう。SDカードだけで制御できるのは、かなり嬉しい。

新型CX-5 と エクストレイルの比較まとめ

私の個人的な比較では、装備、乗り心地などの観点から新型CX-5に軍配があがりました。グレードでは、PA(ProActive) が良さそうです。コストパフォーマンスが高いと感じました。

エクストレイルのスペックが悪いということではなく、新型 CX-5 の装備が非常に良いという印象です。現行のエクストレイルは、年式こと2015年12月ですがベースが2013年のフルモデルチェンジということで、4年程度前の設計ということでこの差は仕方ないのかなとも感じます。

それぞれのディーラーで見積もりをもらいましたが決算月ということもありエクストレイルは、いきなり本体価格 + オプションの値引きが20万円程度ありました。CX-5 は、頑張っても5万円といったところでしょうか。エクストレイルの値引きが派手に見えるのですが上記のいろいろを冷静に考えるとエクストレイルは、相当な値引きをしてもらわないと買えないなぁと感じました。割高に見えてしまいます。逆にエクストレイルを基準にCX-5の値引きを考えると、値引きが難しいのは妥当だと思いました。

最後に外観のデザインですね。こればかりは好みがありますので、素直に好きなデザインを選んだ方が良いと思います。エクストレイルのデザインの方がカジュアルで若者受けが良いのかなと感じます。

以上となります。

どなたかの何かの参考になりましたら幸いです。

※ この記事は、超素人がメモ程度に書いてますので仕様などについては、実際のカタログを参照下さい。

ノマドでした〜。

  CX-5

  自動車 cx-5 エクストレイル

お勧め記事