CX-5 のダッシュボードにスマホ用車載ホルダー設置してみた。

2018.09.02 11:38

ノマドです。

先日、CX-5 のダッシュボードに吸盤ベースを設置してタブレット用の車載ホルダーを設置していたのですが、これが非常に快適でした。

しかし、iPad ってでかい。。

もう少し小さくてもいいかも。。

と思い、ダッシュボード用のスマホ車載ホルダーを探してみると、まぁ色々とありますよね。

理想はダッシュボードの吸盤ベースに吸盤設置して、そこからアームのようなものが伸びて、マツコネのディスプレイの高さ付近まだ下げられるもの。

ダッシュボード設置ですと、どうしても吸盤の台座部分と若干のアームにスマホをホールドする部分の構成で背が高くなってしまいます。

背が高くなると運転席からの視界に影響するので、それをなんとか抑えたいんですよね。

それでいて、可動部分が多く、角度などの調整が柔軟でホルダー部分のスマホの脱着が簡単なもの。

そんな都合のよいものがあるのだろうか。。

あった。。

コイツです。


スマホ iPhone 視界を遮らない ゲル吸盤取付 ダッシュボード取付 スマホ車載ホルダー

ということでポチッと購入。

届いたのがこちら。

サンワサプライ スマホ 車載ホルダー 200-CAR041

中身はこんな構成です。

サンワサプライ スマホ 車載ホルダー 200-CAR041

説明書と車載ホルダー本体と3Mの吸盤用シール。

今回は予め吸盤ベースを設置していた為、付属の3Mシールは使いませんが、ダッシュボードに取り付ける為の3Mの吸盤用シールが付いてくるのは、けっこう有り難いですね。

CX-5 のダッシュボードは傾斜と角度があるので、この付属のシールだけでは平面を作ることは難しいですが、平な面がある車種でしたらこの付属の3Mシールで十分でしょう。

【関連記事】自動車のダッシュボードの吸盤跡対策に吸盤ベース買ってみた。

車載ホルダー本体は、こんな感じです。

サンワサプライ スマホ 車載ホルダー 200-CAR041

アームが伸縮し、高さも調整が可能で角度の自由度も非常に高いです。

ボールの可動部分は、非常に固いので最初なかなか動きません。

これ本当に可動部分なのかな?全力でひねった結果、ぶっこわれないかなぁ?とか思いながら力を加えていきましたが大丈夫でした。

ちゃんと動く構造のものです。

構造を確認後、いざ設置へ。

先日設置した吸盤ベースがこれです。

車載 ダッシュボード  吸盤ベース

あれから一週間ほど経過しましたが、3Mでガッチリくっついています。

まず、ホルダーを設置してみます。

サンワサプライ スマホ 車載ホルダー 200-CAR041

おうおう、いいですね。

アームがちょっと短いかなぁ〜とか思っていましたが、そんなことありませんでした。

実際に設置してみると、かなり手前に来てくれます。

スマホを設置してみます。

サンワサプライ スマホ 車載ホルダー 200-CAR041

いい!

ちょうどいい。

高さが抑えられていて邪魔になりません。

アームが吸盤設置位置より下方向に向き、そこにスマホの重量が加わる為、吸盤と吸盤ベースが耐えられるかが心配でしたが、全然問題なさそうです。

やっぱり吸盤ベースの3Mが凄いな〜と再認識。

そして、このホルダーの凄いところは、スマホの脱着が非常に簡単なところ。

手首のスナップだけでスマホ本体をホールドしたり、外したりが可能なのです。

ちょっとしたことなのですが脱着の頻度が高い為、両手が必要だったり、裏のロックの操作が必要だとか、そーいうのが無いのが非常に嬉しいです。

磁石タイプも簡単かと思いますが、磁石用のマグネットをスマホ側にも必要になってしまうことや、磁石の為にスマホカバーにも制限がでてくるので、その辺りの制約が煩わしいんですよね。

そういったことを考慮すると、このサンワサプライさんの車載ホルダーは本当によくできているな〜と関心します。

CX-5 のダッシュボードに車載ホルダーの設置を検討している方は、先日紹介した吸盤ベースとこちらの車載ホルダーを参考にしてみて下さい。

以上、スマホ用車載ホルダーの紹介でした。

ノマドでした〜。


スマホ iPhone 視界を遮らない ゲル吸盤取付 ダッシュボード取付 スマホ車載ホルダー

  CX-5 買ってみた。

  CX-5 ダッシュボード 吸盤ベース 車載ホルダー

お勧めコンテンツ