J1 最終節 ジュビロ磐田 vs 鹿島@DAZN

2017.12.02 17:17

ジュビロ磐田最終節

ノマドです。

今日は忙しい。

見なければいけない試合が多い。

ということで、磐田 vs 鹿島。

勝てば優勝が決まる鹿島アントラーズをホームで迎え撃つジュビロ磐田の試合です。

他会場で同時に現在2位の川崎フロンターレの試合も行われています。

試合を見ながら書きたいことを書いていきます。

前半開始。

金崎がガツガツくる。

そうか、三竿は日本代表だった。

鹿島から代表が6人もいるのか。

3分 アダが左サイド突破からクロス、川又のヘディングはヒットせず。

7分、川又がコーナー獲得。

キッカー中村、鹿島がクリアー。

お互いに中盤の攻防が激しい。

最近残留争いなゲームばかり見てたから、上位のチーム同士のゲームの迫力の違いに驚く。

10分、アダがペナで倒れるが笛は無し、そして中村のミドル!

曽ヶ端キャッチ。

西がアダとの接触で痛む。

西が無理そう。

やっぱりダメ。

14分、伊藤と交代。

15分経過、ややジュビロが支配しているかなぁ。

18分、アダが左サイドを突破するが、チャンスにならず。

19分、カウンター阻止で川辺にイエロー。

ほんとアダは、試合毎に良くなっている気がする。

23分、川辺が右サイドを突破、出すところがなく蹴り込むが、何も起こらず。

たぶん曽ヶ端の股の内側に当てて入ることを狙った気がする。

一瞬で最後の選択肢に切り替えたんだと思う。

24分の、中村のサイドチェンジが絶品。

25分、川又がFK獲得。

キッカーは、中村。

ゴールやや上に外れる。

30分が経過、ややジュビロかな。

小川、川辺がアントラーズの代表選手相手に互角以上にやれてるように見える。

37分、アダが前で奪う、最後は中村のシュート、ブロックされてコーナー。

アダ、ナイス。

ジュビロのコーナーからカウンターというのを鹿島がかなり狙っているように見える。

40分経過。

時間の経過が早い。

金崎は、相変わらず迫力あるなぁ。

43分、鹿島コーナーからゴール!

いや、ファウル。

鹿島のファウルでノーゴール。

ロスタイムは、2分。

前半終了、0-0 スコアレス。

このままスコアレスドローもありそうだな。

川崎フロンターレが降格が決まった大宮相手に 2-0 でリードとのこと。

いよいよ最後の45分が始まる。

磐田、宮崎と上原を交代。

お客さん入ってるな〜。

だいぶ前から完売ってアナウンス出てたからな。

ヤマハだから1万5000人くらいかな。

47分、左サイドを金崎が突破し伊藤のシュート、カミンスキーがブロック!

あぶねぇ、、カミンスキーナイス。

ジュビロのDFの守備力高いけど、最後にカミンスキーがいるのも忘れてはいけない。

51分、鹿島が右サイドを完全に崩して、最後は金崎!

ヒットしない!

1点ものの決定的シーンだった。

後半、まだアダの動きを感じない。

作戦なのか?

セカンドボールを続けてアントラーズが拾えている印象。

攻守の入れ替わりが早くなってきた。

60分、他会場で川崎が3点目を決めたとのこと。

このままいけば、スコアレスドローで鹿島と川崎が勝ち点で並び得失点差で川崎の優勝。

62分、中村の献身的な守備に磐田サポから拍手。

63分、久しぶりにアダがカットインしてシュート。

そろそろ選手交代ありそうだな。

67分の金崎の突破は、さすが。

68分、ジュビロのビッグチャンス!川又のシュートは、ブロックされる。

自陣での川辺のディフェンスからだったけど、ゴール前にその川辺がまた絡んでくるのが凄い。

ジュビロのコーナーキックで大井が前に出ているところをカウンターで狙われるというシーンが多い。

75分経過、アントラーズの流れになるかと思ったけど、ジュビロもいい攻撃ができている。

ジュビロ、ムサエフと松本交代。

アントラーズ、遠藤と鈴木が交代。

残り15分。

アントラーズは、点を取るしかない。

前がかりになったところをカウンターで突きたい。

77分、金崎のシュートは、カミンスキーの正面。

アントラーズの時間が続く。

80分、レアンドロが決定的シーンを外す。

土井に代えてペドロジュニオールが入る。

金崎の決定的シーンを小川が防ぐ。

小川の足がつる。

83分、ジュビロ、川辺に代えて松浦を投入。

残り5分。

他会場、川崎が4点目を決めたとのこと。

残り3分。

残り1分。

90分が終了。

ロスタイムは、5分とのこと。

なげー。

ロスタイムに入って、オープンになってきた。

大井が前線まできて攻撃参加。

ジュビロも1点を狙っている。

もうみんなフラフラだ。。

ロスタイム残り2分。

アントラーズが波状攻撃するが連続でオフサイド。

ロスタイム残り1分。

試合終了!!

磐田 0-0 鹿島 スコアレスドロー。

凄い試合だった。

この結果、川崎フロンターレが勝ち点並んで得失点差で逆転優勝。

下を向くアントラーズイレブンと鹿島サポ。

昌子選手のインタビューで「ジーコさんに申し訳ない」というのが印象的でした。

優勝を逃したアントラーズは、さらに強くなる気がする。

2017年は、凄いシーズンだった。

選手のみなさんお疲れ様でした。

以上、磐田 vs 鹿島 でした。

ノマドでした〜。

  サッカー DAZN

  サッカー DAZN ジュビロ磐田

お勧め記事