W杯アジア最終予選 最終試合 サウジアラビア vs 日本

2017.09.06 02:58

W杯最終予選 サウジアラビア vs 日本

ノマドです。

あぶない、あぶない、

試合開始に少し遅れましたが、何とか起きることができました。

日本時間、深夜3時。

ワールドカップアジア最終予選のグループB最終戦。

サウジアラビア vs 日本。

グループBは、残り1つの椅子をサウジアラビアとオーストラリアで争う。

数時間前にオーストラリアが、タイに 2-1 で勝利した為、サウジアラビアはこの試合に勝たなくてはいけない。

ということで、超本気のサウジのホームでの試合。

スタジアムは、超満員のアウェー感。

前半30分からの観戦となります。

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)

DF
5 長友佑都(インテル/イタリア)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)

MF
16 山口蛍(セレッソ大阪)
2 井手口陽介(ガンバ大阪)
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

FW
4 本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
9 岡崎慎司(レスター/イングランド)
8 原口元気(ヘルタベルリン/ドイツ)

システム: 4-3-3

と思われる。

32分、日本のコーナーキックから昌子のヘディング。ディフェンスがクリア。

39分、山口の強烈ミドルはキーパが阻止。いいミドルだった。

42分、日本のパスミスからサウジに攻め込まれる。

中盤から前線のところ、さあこれから攻めよう、というところで連携がうまくいっていない。

ロスタイムは、3分。

0-0 で前半終了。

選手を代えるなら本田か柴崎かなというところ。

後半開始と同時に、本田から浅野に交代。

後半、いきなり攻め込まれるがなんとか凌ぐ。

後半4分、日本のコーナーキックから決定的なチャンスに酒井宏樹のシュートは、押し込むことができない。残念。

後半7分、長友が左サイドを突破して、マイナスのクロスで原口、シュートは枠を外れる。

後半9分、川島スーパーセーブ!!

攻守の入れ替わりが激しくなってきた。

試合が動きそうな気配。

サウジアラビアの歓声が凄くなってきた。。

後半14分、井手口のクロスから岡崎のヘディング。枠にいかない。

後半18分、サウジアラビア、後半から入った19番、ファハドが先制ゴール!!

完全に中央をやられた。

ファハドのシュートも素晴らしかった。

日本人より、オーストラリア人の衝撃が凄そうだなぁ。

杉本が出てきそう。

後半21分、岡崎と杉本が交代。

杉本にボールが入らない。

せっかく浅野を入れたのに裏へ走るようなプレーもない。

ファハドいいなぁ。

後半29分、給水タイム。

観客は 6.2万人らしい。

サウジアラビアは、キャプテンのオサマを交代で下げる。ここで代えるということは、痛んだということか。

日本は、久保が呼ばれた。

33分、柴崎に代えて久保を投入。

ファハドいいなぁ。

このまま試合が終われば、サウジアラビアが3大会ぶりのワールドカップ出場決定。

そりゃ盛り上がるよなぁ。

後半40分。

あと5分。

杉本、浅野、久保、交代した選手に期待。

特に杉本。

後半42分、酒井がヘディングで落として、久保!シュートは、枠を外れる。

吉田が前線に残るシーンが増えてきた。

ロスタイムは、4分。

敵ながらファハドほんといいなぁ。プレーが効果的。

サウジアラビアは、時間を使う。

あと2分くらいか。

48分、日本のゴール前でサウジアラビアのフリーキック。

ロスタイムの4分が経過。

これが最後のプレーかな。

試合終了。

1-0でサウジアラビアの勝利。

サウジアラビアが3大会ぶりのワールドカップ出場決定。

日本の得点を予感させるシーンもあったけど、やはり決めるところで決めないとこうなってしまうなぁ〜。

悔しい結果だけど、いろいろと課題が出て良かったと考えるしかないなぁ。

本田、柴崎、岡崎の交代は、妥当かな。

でも交代した選手達が、それ以上の存在になれなかった。

セルジオさん待望の杉本を出したけど何もできなかった。これが現実。

もっとJリーガーを!とか声があるけど、Jリーガーとか海外組とか関係ない。

求めるサッカーの質とそれにマッチする選手を招集するだけの話。

どこの国のどこのクラブにいてもいい。

役割として機能するかしないか、それだけの話。

ロシアまで9ヶ月、忙しい9ヶ月間となりそう。

とりあえず、サウジアラビアおめでとう。

そして、オーストラリアごめん。

以上、ノマドでした。

少し寝てからスタバへ行こう。

  サッカー

  サッカー 日本代表 最終予選

お勧め記事