MacBookPro MF839J/A (Early 2015) を売却。筐体の傷と液晶画面のコーティング剥がれで減額。

2017.05.05 12:55

タッチバー付きのMacBookPro の新型15インチを購入後、これまで使用していた MacBookPro 13インチを中古の買い取りショップにて売却して来ました。

Apple MacBook Pro 13インチ 2.7GHz Retinaディスプレイモデル MF839J/A (Early 2015)
メモリ 8GB
SSD 128GB

買い取り上限金額73,000円のところ、6,1000円となりました。

減額となった要因は、筐体の角や縁に傷があったことや液晶画面の隅のコーティングが一部剥がれていた為です。

買い取り店の店員さんにサクッと状態を見てもらい上記の傷などがあった為、上限金額が73,000円から61,000円まで下がるけど問題が無いかと聞かれ、問題無しと回答。動作に問題がなければ61,000円での買い取りとなるということです。そして、動作確認には時間がかかるということで一旦店を出ることに。

他の用事を済ませて1時間後に買い取り店に戻り、査定結果を確認。動作確認に異常無しということで61,000円での買い取りとなりました。

筐体の傷などは、シェルカバーを購入する前に付いたものだった為、もっと早くシェルカバーの存在に気づいて導入していれば、傷については防げていただろうと感じます。

そして、非常に残念なのは液晶画面のコーティングの剥がれです。これは、液晶保護フィルムが原因でした。たまたま購入した液晶保護フィルムの粘着が強いものであったことと、このフィルムの装着時にうまく貼れず、何度か剥がして貼り直すという作業を繰り返したことが挙げられます。

当時、フィルムを貼り終わった後に綺麗に仕上がらなかったなーと感じたのを凄く覚えています。この時、既に画面隅のコーティングが剥がれていたと思われます。しかし、コーティングの剥がれは、フィルムを貼っているとそれほど目立たない為、指紋が残ったかな?程度にしか考えていませんでした。まさかコーティングが剥がれていたとは。。

本来液晶を守るはずの液晶保護フィルムでまさかの品質低下となったということです。

新しい MacBookPro 15インチにも購入後直ぐに液晶保護フィルムを貼っています。買取店の店員さん曰く、長時間貼っていたものを剥がす際にも同様のことが起こる可能性があるということですので、新しい MacBookPro の液晶保護フィルムを今後どうしようか悩むところです。

  MacBookPro

  MacBookPro 中古買取 液晶保護フィルム コーティング

お勧め記事