CHOETECH というメーカーの格安 USB-C to USB 3.0 変換アダプタを買ってみた。

2017.09.01 20:22

CHOETECH USB-C 変換アダプタ

ノマドです。

2016年モデルの MacBook Pro を購入して数ヶ月が経過。

購入前には、いろいろと気にしていたのものですが、あれは何だったのかというくらい快適に生活できています。

ちょっとだけ煩わしさがあるとすれば、やはり USB-C でしょうか。

USB-C のアダプタをたまに自宅に忘れます。

自宅で作業していて、自宅の機器にアダプタを接続したまま、パソコンだけ持って出かけてしまうことがこれまでに何度かありました。

ということで、USB-C 変換アダプタを余分に買っておこうと思い Amazon をチェック。

Apple 純正の USB-C 変換アダプタは、2,000円くらいしますので、それより安くてコードが無いもの、シンプルに変換コネクタだけ、みたいなものを探してみました。

いくつか見つかったのですが、レビューを適当に読んで買ってみたのが「CHOETECH」というメーカーの USB-C 変換アダプタ。

コードがなくて変換コネクタだけのシンプルなやつです。

しかも、2つセットで500円以下というお値段。

心配になるくらい安い。。

Amazon で注文後、二日後にゲット。

CHOETECH USB-C 変換アダプタ

安いだけあって梱包などもシンプル。

使えればいいので全く問題なし。

そして、さっそく動作チェック。

とりあえずお試しとして Canon のプリンタに繋いで..

ん?

なぬ?

ゆるい?

そう、コネクタがとても緩い。。

簡単に抜けてしまいます。。

2つセットで届いたのでもう片方もチェック。

同じ。。

締め付けが弱い。

それでもとりあえず使ってみると、プリントはできてる。

データ通信は問題なさそう。

何が違うんだろう?と、コネクタをよく見てみると、、

CHOETECH USB-C 変換アダプタ

なるほど。

Apple 純正のアダプタと比べるとよくわかります。構造が違いました。

CHOETECH USB-C 変換アダプタ

画像でわかりますでしょうか?

シルバーの金具といいますでしょうか、この部分でコネクタが刺さった後に締め付けていると思われますが CHOETECH のアダプタにはこれが無いのです。

低価格化を追求した結果ですね。

締め付け部分の金具は、Not must という判断でしょう。

その他いろいろと使ってみましたが、緩いということ以外は問題ありませんでした。

価格も価格なので費用対効果としては、悪く無いかなと個人的には思います。

Apple の純正のアダプタを移動用リュックから出さないようにして、自宅では CHOETECH のアダプタを使う予定です。

これでうっかり持ってない!忘れた!というシーンは、激減するでしょう。

ということで、CHOETECH の格安 USB-C 変換アダプタは、緩いけど価格は激安なので割り切って使えば有りなアダプタでした。

以上、ノマドでした。


USB Type C 変換 アダプタ 【 2個セット】 USB C to USB 3.0 アダプタ CHOETECH 56Kレジスタ OTG機能 高速データ転送 新しいMacBook / Galaxy note8 / S8, S8 Plus / Huawei Mate9 / Chromebook Pixel / Xperia XZ / Nexus 6P / Nexus 5X 等に対応 黒

  買ってみた。

  CHOETECH USB-C 変換アダプタ 買ってみた。

お勧め記事