消しゴムタイプのキャンバススニーカークリーナー買ってみた。

2018.07.15 10:15

ノマドです。

少し前に買っていたお気に入りの白の VANS のスニーカー、V66N CLASSIC SKOOL HI に汚れが!!

キャンバススニーカークリーナー

白いスニーカーで非常に目立つのですが、まぁこの手の汚れは付きますよね。

コンバースのオールスターのちょっと高価なモデルにありますレザー素材であれば、このような汚れは、サクッと拭き取れるのですが、キャンバス素材の場合はそうはいきません。

乾いた布切れで拭いた場合は汚れが広がってしまったり、水分を含んだ場合は汚れが滲んでしまったりでなかなか手強いのです。

そこで以前から気になっていたこれです。

キャンバススニーカークリーナー!


【JEWEL】 ジュエル キャンバスクリーナー

キャンバススニーカークリーナー

クリーナーというと何か大げさな気もするのですが、消しゴムみたいなヤツですね。

キャンバス素材のスニーカーは何足か保有しているので、一度試してみたいと思っていたところでした。

ということで、使ってみましょう。

透明のフィルムを剥がして、早速ゴシゴシとやっていきます。

実際に使ってみると本当に消しゴムですね。

違いは、文房具の一般的な消しゴムよりも削れが良いと言いますか、汚れと一緒に消しゴムも削れ落ちて行く感が凄いです。

ゴシゴシ...

落ちて行く、汚れが落ちて行く、、

結果はこんな感じ。

キャンバススニーカークリーナー

黒いシミのような汚れがだいぶ目立たなくなりました!

キャンバス生地の奥まで入り込んでしまった汚れは、なかなか落ち難そうですが、大部分は落とすことができました!

これイイ!!

もうちょっとやり続けたらさらに綺麗になりそうですが、ひとまず目立っていた汚れが落ちたので良しとしましょう。

スニーカーの説明書などは普段見ませんが、よく見るとキャンバス素材の場合、水洗い禁止などの記載があります。

キャンバス生地の劣化や選択による滲みの防止などがあるのだと思われます。

この消しゴムタイプのクリーナーであれば、水洗いは不要ですのでその辺りは非常に安心です。

場所も取りませんので下駄箱の隅に置いておいて、ちょっと汚れが目についた時などにゴシゴシっとやれるお手軽感も良いですね。

そして、キャンバスクリーナーということですが、ソールのゴム部分などの汚れは特に良く落ちました。

ソールの経年劣化による黄ばみのようなものも無くなり、白いソールに生まれ変わりました。

価格も数百円程度のものですので、スニーカーなどの購入の際に一緒に購入することをお勧めします。

あと数百円で送料が無料になるのに〜!という時は、もうこれで決まりでしょう。

以上、キャンバススニーカーのお手入れアイテムの紹介でした。

ノマドでした〜。


【JEWEL】 ジュエル キャンバスクリーナー

  服 靴 バッグ 買ってみた。

  キャンバス クリーナー 消しゴム スニーカー お手入れ

お勧め記事