コロナの除湿機 CD-H1816 を1年使ってみた感想。本当に買って良かった。

2017.06.02 14:08

コロナ 除湿機 CD-H1816(TE) CD-H1816(AE)

ノマドです。

コロナの除湿機 CD-H1816(TE) を購入から1年が経過しました。

結論を先に言ってしまうと、買って良かった。

非常に良かった。

購入時、数週間迷っていましたがもっと早く買えば良かったな〜というのが今の気持ちです。

まぁ、そのおかげでいろいろな製品と比べたり、機能を勉強できたりがあったのでなんとも言えませんけどね。

とにかく、除湿力が凄いのです。

6,8畳程度の部屋に設置した場合、1時間もあれば90%くらいの湿度が50%以下になると思います。

外出時に5,6時間のタイマーをかけて、家の中心に設置してでかけることが多いのですが、帰宅すると床のサラサラ感で除湿ができていることが直ぐにわかります。

CD-H1816 が搭載しているタンクは 4.5L で、空気中から取り除いた水がこのタンクに溜まります。5,6時間でタンクの半部くらいまで水が入っていたりするので 2L くらいは、取れていることになります。

2Lって凄くないですか?

締め切っている自宅の中で、空気中から2Lもの水が取れるんですよ。

2Lもの湿気が家の中に漂っていれば、洗濯物も乾きませんよね。

CD-H1816 を仕掛けた後は毎回このタンクを見るのが楽しみで、1年経った今でもタンクの水量を見る時はワクワクします。

購入時は、梅雨の季節しか使わないかと思っていましたが、冬もかなり使いました。

暖かい季節は、窓を開けて風を入れることで空気を入れ替えたりが簡単にできるのですが、冬の寒い時期は窓を開けたくありません。

なので、マンションの様な機密性の高い建物は、外の空気が乾燥している冬場でも空気を入れ替えない部屋は湿度が高くなりがちです。油断していると冬場にカビが生えることもあるかもしれません。

物件にもよるかと思いますが現在私が住んでいるマンションは、冬場でもわりと湿度が高い時があり、CD-H1816 は大活躍でした。

CD-H1816 を稼働させると湿気を取り除いた少し暖かい風を吐き出すので、室内の温度が多少上昇します。夏場の温度上昇は辛いですが、冬場は問題ありません。ほんのり暖かくなってくれる方が嬉しいくらいです。

そして、サーキュレーターと併用すると除湿がさらに捗ります。

CD-H1816 の除湿能力は、鉄筋で40畳もありますが、CD-H1816 を設置した場所から離れた部屋は当然ですが、除湿効果は弱くなります。

そんな時は、サーキュレーターを設置して空気の流れを作ってあげると、乾いた空気と湿った空気が共に循環するので除湿の効果が高まります。

現在2台のサーキュレーターを持っていますが、2台あるとかなり便利です。エアコンほど電力を使わずに家全体を除湿できるかもしれません。

非常に満足している CD-H1816 ですが1点だけ改善して欲しいところがあります。

まーこれは、除湿力に比例してしまうもので、仕方のない部分ですが「音」です。

稼働音がもう少し静かになってくれると嬉しいなぁと思います。かなり贅沢で無茶なことを言っていることと思いますが、改善されると相当嬉しい部分です。

稼働音が大きいということで、留守中に稼働させることが多いのですが、自宅にいる時に使いたい場合は、CD-H1816 をなるべく遠くに設置し、サーキュレーターを使って空気を循環させています。

とまぁ CD-H1816 を1年使ってみた感想でした。

タンクに溜まった水を捨てる以外にメンテナンスも不要なので、非常に助かります。除湿機の購入を検討している方は、コロナの CD-H1816 を調べてみて下さい。パワフルですよ〜。

以上、コロナの除湿機 CD-H1816(TE) を購入から1年のレビューでした。

ノマドでした〜。

【関連記事】エアコンの除湿の電気代は高いのか?検証してみたけど大したことなかった。

  家電 買ってみた。

  コロナ 除湿機 CD-H1816(TE) CD-H1816(AE) サーキュレーター レビュー

お勧め記事