ロシアW杯最終予選 日本がオーストラリアを 2-0 で撃破。6大会連続W杯出場が決定。

2017.08.31 19:06    2017.08.31 21:48

日本代表 ロシアW杯出場決定!

ノマドです。

本日は、ロシアワールドカップ最終予選 、日本 vs オーストラリア。

勝てばロシアワールドカップ出場が決定する試合。

試合を見ながら書きたいことを書いていきます。

日本代表スタメン。

GK
1 川島永嗣(メス/フランス)

DF
5 長友佑都(インテル/イタリア)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
3 昌子源(鹿島アントラーズ)

MF
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
16 山口蛍(セレッソ大阪)
2 井手口陽介(ガンバ大阪)

FW
14 乾貴士(エイバル/スペイン)
15 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
18 浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)

システム: 4-3-3

前線をだいぶ変えてきたな〜という印象。

前線の代表ベテラン勢がベンチにいるのは、まぁ心強いかな。

先発の選手には、遠慮なく思い切りやってほしい。

試合開始

前半15分までに日本のコーナーキックが4本。

両チーム共に決定的なシーンはまだない。

セットプレーは、誰がやるんだろうと思っていたら井手口だった。

井手口の面構えがだんだん中田英寿のようになってきたなぁ。頼もしい。

前半22分、最初のシュートらしいシュートは、大迫のミドル。それほど威力はなくキーパー正面。

大迫のところでボールが収まる。

酒井と浅野が右サイドで合わない。

長谷部が不用意にボールを奪われる。ここまでに2回。

両チームパスが繋がらない。

酒井のところでまたイージーミス。

前線でアイデアのある選手がいない。

清武、本田のような短いパスで突破できる気配がない。

前半37分、オーストラリアのシュートが吉田の足に当たりゴールポスト直撃。危なかった。

前半41分、左サイド長友のクロスを浅野が決めて日本先制!!

狙ってた浅野も良かったし、長友のクロスがとにかく素晴らしかった。

前半43分、右サイドのクロスに大迫のシュートは、わずかに枠を外れる。

前半このままリードで終わらせたいところ。

ロスタイムは、1分。

前半終了。

思ったよりオーストラリア怖くない。

後半にしかけてきそう。ケーヒルがどこで出て来るか。

ベンチワーク、どう動くか興味深い。

後半開始。

メンバー交代はなさそう。

後半3分、吉田と川島の間でヒヤリ。

前の試合でそれで失点してるので、見ていてドキドキする。

後半の10分まで日本のいい攻撃ができている。

ユリッチが来そうだ。怖いな。

後半15分、エースのユリッチを投入。

乾のドリブルのシーンを見たいなぁ。

井手口の地味なプレーが凄まじくチームを助けている。

日本、交代が難しいな。

後半24分、ケーヒル投入。

ちょっとオーストラリアなムードになりつつある。

後半29分、乾と原口交代。

乾は、守備で消耗してしまったという印象。ドリブル見たかった。

後半31分、左サイドを原口の突破からクロス、最後は井手口のシュートだったが、キーパーのさらに後ろにいたディフェンスに阻まれる。決定的なシーン。惜しい。井手口が攻守で効いている。

残り10分。ロスタイムを入れて15分くらいか。

さーベンチどうする。

うわーーーー

井手口!!!!

スーパーゴールきたー!!!!

後半37分に井手口の追加点、ミドルが炸裂。

井手口は、海外行くなら早い方がいいなぁ。

井手口のゴールは、もちろん素晴らしかったけど、直前で相手といっしょに潰れてくれた原口のプレーもさすがだった。

あそこで潰れながらもボールをいい位置へ出してくれたことが、ちょっとした差だけど非常に大きい。

後半41分、大迫に変えて岡崎投入。

後半43分、浅野に代えて久保を投入。

ロスタイム3分。

最後まで集中してほしい。

試合終了。

日本が 2-0 でオーストラリアを撃破。

ワールドカップ予選で初めてオーストラリアを撃破。

そして、最終予選の初戦を負けると突破確率0%というジンクスも撃破。

オーストラリアは、縦ポンのパワープレーから繋ぐサッカーに変えた様だけど、日本にとってはやりやすかったような気がするな〜。

埼玉スタジアムお祭り騒ぎだろうな。現地楽しそう。

とりあえず、日本代表の選手、スタッフのみなさんおめでとうございます。そしてお疲れ様でした〜。

  サッカー

  サッカー 日本代表 最終予選

お勧め記事